top of page
  • 執筆者の写真KidsLaboぽんて

個別療育の風景 その2

11月からまた新たに個別療育のお子さんが1人増え、小さな生徒さんが2人机を並べて

います。


1職員として見ていて思うのは【とにかくお子さんの吸収率はものすごい】そのひと言で、先週は出来なかった事が今週は出来ている!しかも誰も教えていないのに・・・という事が本当に多いのです。


それを何度も目の当たりにしているので、大人が思っている以上にお子さんの成長というのは超高速なのでしょう。


わき目も振らず指先を使って集中している横顔を見ると、あぁ今脳細胞がすごい勢いで動いていて、どんどん成長しているんだろうなぁ~、こんな時に脳波の測定をするとすごい結果が出るんだろうな~と素で思います。


新たにもう1人加わった事で、順番を覚える、隣を見てそれを参考にする等、今後もお互いがどんどん刺激になって更なる相乗効果となって行くのでしょうね。


親御さんにお子さんの変化と成長を感じて頂けた時、その喜びが倍になって私たち職員にも伝わって「じゃあ次はこんな事も取り入れてみよう!」とワクワクに繋がるのです。


今後もお子さんの成長やご報告をブログにあげて行きますのでよろしくお願い致します🎵













閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

鼻をかむ

タイトルについて、ぽんてに来てくれるお子さんたちの中で 特に未就学児のお子さんたちなど 苦手なお友だちがいます。 先日、春から小学生になるお子さんから、可愛く 「先生、鼻が出てきたよ」と告げられたと同時に 鼻の穴からツツツツーっと・・・ この時もそうでしたが 「フンしてみよう!」と言うと、 大抵のお子さんが声に出して「フンッ!」と言います。 「フンしてみよう」の言葉だけでは どうやったら良いのか分

bottom of page