top of page
  • 執筆者の写真KidsLaboぽんて

夢の中を漂うように~🛫

更新日:2023年11月29日

飛行場と聞くと、ついつい昭和の時代の名曲が頭に浮かんでしまう50歳オーバーの職員です(苦笑)


お出掛けスペシャル、4回目は伊丹空港のスカイパーク🛫へ。


朝まで雨模様、風があったので天候は回復に向かうだろうと思っていても、どうなるかは雲次第、という非常に不安な状況の当日。


先週の足湯が中止になってしまっており、プログラムを見て参加をして下さるお子さんのため、2週続きの予定の変更は心苦しい・・・職員皆そんな思いでした。


パソコンで1時間ごとの伊丹市の天気予報をチェックすると、お昼過ぎからは回復する流れだったのでそれを信じて変更なしで行く事を決めました。


親御さんには「暖かい服装を」とお願いしてあったので、とにかく降らないで欲しいと願いつつ、おやつを人数分用意して車に乗り込みました。


玉造の上空は伊丹空港の航路が近く、元々飛行機が大きく見える場所でもあります。


ぽんての場所から見上げていた飛行機を伊丹空港で実際に見る、今までお出掛けの行先として企画にあがらなかったのですが、今回初めて「行ってみよう!」となりました。


新幹線や飛行機を見ると何故かテンションが高くなる⤴⤴⤴というかた、いらっしゃいませんか???

あれはどうしてなんでしょう・・・言葉では表現できないのですが、何とも言えない高揚感がどんどん湧いて来ますよね。


たくさんの人を乗せて着陸する機体、大空に向かって飛び立つ機体、始めこそ「わぁ~!先生~飛行機~」と感激の声があがりましたが、その後はお子さん全員が飛行機そっちのけで公園のアスレチックに夢中(笑)


風が強い中でしたが、身体を動かしてホカホカ♨



おやつを堪能し、暮れかかる滑走路をあとに帰路につきました。
























閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

鼻をかむ

タイトルについて、ぽんてに来てくれるお子さんたちの中で 特に未就学児のお子さんたちなど 苦手なお友だちがいます。 先日、春から小学生になるお子さんから、可愛く 「先生、鼻が出てきたよ」と告げられたと同時に 鼻の穴からツツツツーっと・・・ この時もそうでしたが 「フンしてみよう!」と言うと、 大抵のお子さんが声に出して「フンッ!」と言います。 「フンしてみよう」の言葉だけでは どうやったら良いのか分

bottom of page